2010年 04月 11日
角屋~京都島原~
先週に続いて京都島原を歩きます・・・・
江戸時代の花街の趣を残す「角屋」へ・・・・
「もてなしの文化美術館」として往時の饗宴・もてなしの文化の場である揚屋建築が保存・公開されています。
幕末の頃には、坂本龍馬、伊藤博文、西郷隆盛等の志士や豪商、さらには新撰組の近藤勇や芹沢鴨なども利用していたようです・・・

坪庭が、春の陽射しに浮かびあがります・・・
d0105104_17402084.jpg




禅と茶道の侘び、寂びの「融合」です・・・
d0105104_17403962.jpg


打水が苔を活き活きとした緑に保ちます・・・
d0105104_1740556.jpg


奥の主庭・・・白砂と「臥龍松」・・・
d0105104_17411125.jpg


故郷の生家にもこんな「かまど」がありました・・・「おくどさん」・・・懐かしい響きです・・・
d0105104_1741254.jpg


この釣瓶で井戸水を汲みあげて・・・
d0105104_17413894.jpg


お茶を立てて・・・
d0105104_17414735.jpg


俳句を楽しんだのでしょうか・・・
d0105104_17415749.jpg

[PR]

by yusai-takesan | 2010-04-11 18:19


<< 古都のモダン      京都島原を歩く・・・ >>