2011年 04月 16日
大和郡山城址
先週日曜日、花見に行くなら最後のチャンスとあれこれと行き先に迷ったが、結局、久しぶりに大和郡山城址を訪れた。やはり、狙いの枝垂れ桜は少し遅かったようだ・・・
震災を考慮して祭りの規模を縮小したようで、例年より人出は少ない気がしたが、それでも満開の桜の木の周りは花見客がお弁当を広げて「春」を楽しんでいた・・・
d0105104_17591785.jpg




桜と城跡の石垣・・・日本情緒たっぷりです・・・
d0105104_17593327.jpg

水彩の筆をとりたくなる光景です・・・そう言えば長い間水彩画とはご無沙汰です・・・
d0105104_17595179.jpg

空が青く澄み切って、ホントに花見日和のいいお天気でした・・・
d0105104_1801116.jpg

少し色づいた桜・・陽の当たり方で微妙に色が違います・・・
d0105104_1804677.jpg

聳え立つ石垣・・・何故か「荒城の月」を思い浮かべます・・・

春高楼の花の宴
巡る盃かげさして
千代の松が枝わけ出でし
昔の光いまいずこ

d0105104_1811218.jpg

堀端の新緑に桜が映えます・・・
d0105104_1812294.jpg

そんなに広くはない城跡ですが桜の木の数はなかなかのものです・・・
d0105104_1815689.jpg

枝垂れ桜をアップで・・・可憐で控え目な色あいに魅かれます・・・
d0105104_182764.jpg

「花の命は短くて・・・・」芙美子さん本当に短いですネ・・・今年の花見はこれが最初で最後です。
d0105104_1821759.jpg

[PR]

by yusai-takesan | 2011-04-16 18:27 | 奈良風景


<< 町家散策      天平を歩く・・・唐招提寺 >>