2012年 11月 07日
木屋町界隈
京都にある「がんご寿司高瀬川二条苑」の庭園観賞に行ったついでに、久しぶりに木屋町界隈を散策してきました。
この辺りは、古い町並みと新しい建物が混在しており、退屈せずに散策できる、お気に入りのエリアです。

がんこ寿司の会長が古い庭付きの屋敷を買い取って「お屋敷」と称して解放(勿論食事付き)されており、
現在、関西のあちらこちらに6ケ所の「お屋敷」があるんです。
私も「庭園」と聞けば放っておくわけにもいかず、「平野郷屋敷」「岸和田五風荘」に続いて今回の京都でこれが3軒目になるのですが、
小嶋会長の日本文化保存に対する造詣の深さには感謝です。

庭園の写真は次回ということで、今回は森鴎外の「高瀬舟」で有名な高瀬川に沿った木屋町筋界隈の風景です・・・・。

この辺りはあの「池田屋」も近く、幕末には、攘夷藩の志士達や新撰組の隊士が走り回っていたのでしょうが、
ここに佇んでいると、維新の志士たちの息吹が聞こえてきそうな気がします。

今は、洒落たレストランやスナック等が混在し、若者好みのモダンな雰囲気に打って変ってます・・・
d0105104_22434627.jpg




いつの間にか、こういう場所は、外から眺めるだけで入ることができない歳になってしまいました・・・(寂)
d0105104_2244015.jpg
d0105104_22441376.jpg


如何にも高級そうな店構えです。
料亭「磯松」・・・長州藩士の桂小五郎が、当時の恋人である芸妓幾松(後の正妻)と一緒に暮らしていた場所で、
今は、高級料理料亭として営業しています。「抜け穴」や「吊り天井」などの小細工を施した部屋が残っているそうです。
d0105104_22443568.jpg
d0105104_22444953.jpg

この辺りは、こんな料亭が目立ちます・・・一人でふらっと入る店ではないようです(笑)
d0105104_224538.jpg


こういった町並みを、特段の目当てもなく、ぶらっと歩くのは本当に楽しいものです・・・
d0105104_22451359.jpg
d0105104_22453135.jpg

[PR]

by yusai-takesan | 2012-11-07 23:04 | 京都風景


<< がんこ「高瀬川二条苑」      コスモスの季節 >>