2013年 01月 14日
兵どもが夢の跡・・・
 福井市一乗谷にある朝倉氏館跡へ行ってきました。
館跡もさることながら、ここに残されている幾つかの庭園(跡)を見るのが第一の目的だったのですが・・・

 ここは、何年か前に訪れたことのある三重県美杉村の北畠神社庭園や滋賀県朽木村にある旧秀隣寺庭園とともに、
武将好みの野性味を残す名園として有名であり、一度は訪れてみたいと思っていたんです。
家内と退職前にどこか温泉に行こうか・・・ということで、途中でこの館跡へ立ち寄ることができる、山代温泉旅行と相成った次第です。


 応仁の乱の後の約100年間、朝倉氏の本拠地として、また越前地方の中心都市として、この一乗谷の地は大いに繁栄し、北陸の小京都ととも呼ばれたようなんですが、
天下統一をめざす織田信長に敗れ、朝倉氏は滅び、城下町も焼討ちにあい灰燼に帰した・・・ということです。
今は、山間のひっそりとしたところで、歴史を知らなければ、往時の繁栄を想像することさえできないようなところでした。(H24年10月訪問)

d0105104_15263416.jpg





d0105104_15264866.jpg


広大な屋敷跡です・・・
d0105104_152778.jpg

館跡庭園です。飾り気のない武家の庭らしい雰囲気を残しています・・・
d0105104_15272565.jpg
d0105104_15274412.jpg


本当に何もないところです・・・第一印象はこんなところに・・・・でした。
d0105104_1528729.jpg


朝倉義景氏の館跡(復元)です・・・
d0105104_15281962.jpg


*次回も続きます・・・
[PR]

by yusai-takesan | 2013-01-14 15:41 | その他風景


<< 朝倉氏館跡庭園(続)      がんこ「高瀬川二条苑」 >>