2014年 04月 19日
京都一周トレイル
京都一周トレイルは、京都の東南、伏見稲荷から、比叡山、大原、鞍馬を経て、高雄、嵐山、苔寺に至る全長約70キロのコースで、歩きながら歴史や文化も一緒に楽しめる京都ならではのトレイルなんです。
その、京都一周トレイルを京都で働く友人が踏破したという話を聞き、遅まきながら登山に目覚めたばかりの私としても、「それなら、挑戦してみむ!」と、早速、難波の書店で地図を購入してきました。

この70キロを何回に分けて踏破するか、5回?奈良からの往復時間もあるので6回?体力も衰えているので7回?・・・等と、始める前から色々と考えましたが、まぁ、それはその都度決めたらいいんでないの・・・という訳で、とりあえず第1弾を歩いてきました。

記念すべき第1段は、伏見稲荷から泉涌寺・清水山・東山山頂公園・蹴上・大文字山を経て銀閣寺へ下りる約18キロのコース、折角久しぶりに京都を歩くなら、トレイルだけでなく桜も楽しまないと勿体無い(貧乏性なもので・・・笑)と、桜も見頃の4月7日に挑戦してきました。
ところが、大文字山を除けば里山レベルのトレイルで、まぁ大したことはないや・・・と軽く考えていたのですが、いざ歩いて見るとそこそこアップダウンもあり、いい運動(?)になりました。
(実際は、足の裏に豆はできるは、途中でお茶が無くなりスタミナが無くなるは・・・でクタクタになり家へ辿り着いた次第ですが・・・)

伏見稲荷の前のコンビニで弁当を仕入れ、いざ出発。
千本鳥居を抜けて稲荷山へと登っていきます。
d0105104_9354820.jpg




ドンドンと階段を上って行くと中腹に、「これぞトレイル!」という山道らしき分岐に当たります。
d0105104_937860.jpg


少しの間、山道を歩くと今熊野の泉涌寺へと出てきます。
ここは久しぶりなので庭園を拝観したいのですが素通りです。
d0105104_9382155.jpg


今熊野の町を抜けて、京都女子大の裏山六条山を登って行きます。。
d0105104_9534350.jpg


三つ葉ツツジが疲れを癒してくれます
d0105104_9394494.jpg


国道1号線を渡り、今度は清水寺の裏山清水山を登っていきます。
尾根道を暫らく歩くと東山山頂公園へて出てきます。ちょっと霞んでいますが。なかなかの眺望です。
ここで遅い目の昼食をとり、粟田口へと向かいます。
d0105104_9402418.jpg


粟田口の青蓮院門跡の裏山にある尊勝院です。
トレイルが無ければ訪れることがないようなマイナーなお寺なんですが、満開の桜が絵になる雰囲気のあるお寺でした。
d0105104_946216.jpg


蹴上のウエスティン都ホテルの横へ下りてきます。蹴上発電所です。
久しぶりのウォーキングでかなり疲れていたうえに、時刻も3時を過ぎ、このまま続けるかどうか悩みましたが、このトレイルを教えてくれた友人は銀閣寺まで歩いたと言っていたので、負けてなるものか!と、最後の難関、大文字山登山に挑戦です。
d0105104_9471050.jpg


京都市の浄水場です。初めて来たんですがここの辺りの桜も綺麗でした。
d0105104_947503.jpg


日向大神宮の桜も綺麗でした。この神社の境内から大文字山へと登って行きます。
d0105104_9481072.jpg


大文字山の山頂(464m)と火床からの眺望です。
本来のコースは、山頂手前で鹿ケ谷へ下りるんですが、ここまで来て山頂と火床へ寄らない手はありません。くたくたになって登った甲斐がありました。
d0105104_9485968.jpg

d0105104_9491642.jpg


この後、銀閣寺へ下りて、京都一周トレイル第1段は終わりです。
本来ならここでビールを1杯飲みたいところなんですが、疲れが限界手前でクタクタの身でアルコールを飲めば、奈良まで帰るのが嫌になるのは明らか。ビールは帰宅までお預けです(笑)

登山熱が冷めないうちに全コースを踏破したいものです。
[PR]

by yusai-takesan | 2014-04-19 09:50 | 京都風景


<< 大和郡山城跡の桜      玉川の桜 >>