2015年 01月 30日
旧秀隣寺庭園
久々の更新です。年が変わったました(笑)
年末から取り込み事があり、ずっとカメラを手にしていませんでしたが、先日、故郷の母を見舞ったついでに、司馬遼太郎の紀行集「街道をゆく」の第1巻で取り上げられていて、
一度は走ってみたいと思っていた「朽木街道」経由で戻ってきました。

小浜市から京都までは、ほとんどが奥深い山の中や安曇川の渓流沿いの道で、「鯖街道」といわれるだけのことはあってあちこちに鯖寿司の店が点在していました。

写真は、朽木街道沿いにある旧秀隣寺跡庭園(足利庭園)です。三重県美杉村の北畠氏館跡庭園、福井県一乗谷の朝倉氏館跡庭園と並んで、
「武家好みの庭園」と言われているんですが、これで漸く三つの庭園を踏破することができました。

武将らしい豪放で野趣に富む石組みが魅力的な庭で、今回は雪のために全容を見ることができませんでしたが、
もう一度、緑豊かな春か紅葉の秋に訪れてみたいものです。

d0105104_11451543.jpg




d0105104_1147144.jpg
d0105104_11472621.jpg

d0105104_11491726.jpg

d0105104_11494583.jpg
d0105104_1150631.jpg

d0105104_11514122.jpg

向こうに見える山は「蛇谷ケ峰」。麓に温泉もあり、今年は登ってみたい山の一つです。
[PR]

by yusai-takesan | 2015-01-30 12:23 | その他風景


<< 三峰山・・・霧氷      大台ケ原紅葉 >>